死因

一昨日、彼女以外の女性に告白をされた。

昨日、彼女にその事を話した。

気を引きたかったのもあると思うけど、何より二人であってしまったことを話さずにはいられなかった。

 

彼女は、彼氏彼女の交友関係についていくつかいる異性の友人と比べても、私がやっぱり1番だと思ってくれるのがいいと思うと言っていた。

俺は全然わからなかったしわかりたくなかった。

 

一瞬でも彼女の男友達と同じ土俵で比べられるのが嫌で仕方なかった。

 

彼女はそういう意見こそあれど、そんなことはしてないと思ってるけど。というかそう思わないと。

 

さて今日、午前の仕事を終わらせてお昼にコンビニおにぎりを1つ食べたところ、耐え難い胃の痛みがやってきた。

久しぶりに炭水化物を食べたからか?と思ってじっと耐えていても、全然休まる気配がない。

冷や汗も出てきて、背中のあたりまで痛みが出てきた。

 

夜の仕事もあったから、夜の仕事の準備を整えてから、急患で病院へ行った。

結果は胃潰瘍だった。汚い話だけど、便が黒く、それもかなり下痢気味で、なんか体調悪いのかなと思ってた。

どうやらそれは出血らしかった。

原因は恐らく心因的なもので、急なストレスだろうとのこと。

あくまで急患の診察だから詳細な検査はしてないからわからないけど。

 

ほっとくとヤバイ、血吐いて入院って言われたけど、そこまでは彼女に言えなかった。

 

彼女の発した言葉が俺を苦しめてると彼女は思ってしまうし、そうするとまた一緒にはいられませんって言われるかもしれない。

それこそ胃に穴が空く。

 

胃だけは絶対的な強さの自信があって、どんな暴飲暴食をしても胃が痛んだことなんて人生で一度もなかった、本当に。

だから胃が痛み出したときは腹壊したかと思って何回かトイレ往復したけどなんにもなかった。

 

彼女は心配って言ってくれた。

彼女は友達と会っていたようだけど、一緒になって病院を探したりしてくれていた。

 

夜の仕事はほんっとハードなやつで、俺の中では年間で最もきつい仕事ってのはわかってた。

でも意外にうまいこといって、2年越しの議案を可決させたりして、心地いい達成感で帰宅。

家で軽く一杯飲んで寝た。

 

f:id:ausm:20170529063030j:image

 

そして今朝、起きたら彼女から大量のラインが。

 

内容を要約すると、

・私のために我慢するあなたを見ていて辛い

・あなたは私以外の人の方がいいはず

・あなたにとっての幸せは私といることではない

・だからやっぱり会わないようにしましょう

 

こんな感じ。

もうほとほと呆れて、呆れ果てた。

 

こいつはなんにもわかってない。

性格を変えていくことや、体型をコントロールすることは全然辛い事でもなんでもない。

ちなみにこの10日間で74.5キロから70.5キロまで落ちた。

 

一番悲しくて虚しくて頭にきて悔しいのは、こういう『あなたにとっての幸せは私といる事じゃない』ってセリフなんだよな

 

お前何知ったような口聞いてんだよっての

俺の幸せをなんでお前が決めつけてんだよって思う

これ、仲良いときから喧嘩の時は時たま言われてきた。

 

 

どんな悪口よりも無視されることよりも圧倒的に、これほど俺にとって殺傷能力のある言葉はない。

 

そう思って、一定の怒りを持って返信した。

 

こういうこと言うやつの心境ってどうなんだ?他人の幸せの基準、何勝手に決めつけてんだよっての。

そんな権利はたとえ親にも友達にも彼女にもねえわ。